女性

アレルギー性鼻炎と決別の時|阻止する方法を伝授

体内へ取り込む方法

粉末とサプリ

数多くあるユーグレナ商品の中でも、水に溶かすだけで簡単に摂取できる粉末タイプは多くの人に人気があります。しかし、ユーグレナは少し苦みがあるため、飲み方を工夫することが必要です。現在では、サプリメントやドリンクなども販売されているため、より摂取しやすくなっています。

もっと読む

健康的な生活をサポート

栄養補助食品

藻の一種であるユーグレナですが、日本ではミドリムシとして有名です。小さな微生物ではありますが、健康によい働きを発揮してくれるのです。現在では、ビスケットや乳製品、スイーツなど様々な食品からでも摂取が可能となっています。

もっと読む

栄養豊富な健康食品

粉末

ユーグレナとはミドリムシの学名で、植物性と動物性の両方の栄養素がトータルで59種類も配合されています。ユーグレナは健康食品として様々な製品が販売されているだけではなく、バイオ燃料として使用されたり化粧品にも配合されたりしています。

もっと読む

うまく向き合うために

女性

アレルギー性鼻炎では、鼻がむずむずしたり、鼻水が出たりします。多くは花粉の時期にひどくなり、花粉症も併発しますが、ホコリなどでもひどくなります。ホコリっぽいところへ行くときにはマスクを着用したりして防ぎます。また、他のアレルギーと同様に、遺伝要素もあります。兄弟や親がアレルギー体質の場合、アレルギー性鼻炎になりやすいです。最近では小さな子供でも発症し、風邪ではないのに常に鼻水が出ているなんていうこともあります。本人は鼻がかめるようになるまで辛いでしょうが、自分で鼻がかめるようになれば、それほど辛い持病ではないと感じるようになるでしょう。ひどくならないよう、理解して、うまく付き合っていくことが大切です。

アレルギー性鼻炎の鼻水くらいで、病院に行くというのは少しためらう人が多いのではないでしょうか。しかし、小さな子供の場合、自分で鼻がかめません。そのまま放っておくと、中耳炎や蓄膿症になる危険性もあります。アレルギー性鼻炎でも、鼻水を吸ってもらうだけでも違います。今日は鼻吸いだけお願いします、と言って耳鼻科を利用することも可能です。また、親が鼻水を吸ってあげられる吸引も売っています。この場合は力加減に注意する必要があります。耳鼻科へ行って、吸引してもらうことが一番のおすすめです。また、加湿器をかけて部屋の湿度を管理することも大切です。湿度が低いと乾燥して、花粉やホコリが舞いやすい環境になります。そのことを防ぐためにも、加湿器はかかせません。そして、自分でできる対策もありますので、注目です。それはアレルギー体質を改善するような身体にする栄養素を摂り入れることです。アレルギーの人には乳酸菌やプラセンタもいいといわれています。基本的には身体の免疫力を高める性質がある成分を身体に摂り入れると、アレルギーが改善されるので、食品を始めサプリもどんどん利用していきましょう。